保湿の成分

アトピーが出ているときというのはとても敏感になっており、ちょっとの刺激でもかゆみの原因や炎症の原因となってしまうことがあります。そのため、保湿剤を選ぶにあたってはまず少しでも刺激の少ないものを選ぶことが重要です。

粉刺激の少ないものとなれば多くの人がすぐに無添加と考えますが、無添加であれば何でもよいわけではありません。配合されている脂質の成分によっては角質層のバランスを崩してしまうものもあります。そのため、保湿剤を選ぶにあたっては配合されている成分や油分について考えて選びましょう

保湿剤に必要な成分として、セラミドはとても重要です。アトピー性皮膚炎になっている肌はセラミドが不足しています。そのため、セラミドを補うことで肌の水分を取り戻すことができます。そこで、セラミドの入っている保湿剤を選びたいのですが、人間の皮膚のセラミドと同様の構造である天然セラミドや人型セラミドが配合されているものが望ましいです。

ただ、セラミドは水に溶けにくいので、セラミドを化粧水に配合するためには界面活性剤が使われます。この界面活性剤はアトピーの症状によっては刺激となることもあるので必ず最初に少しだけ塗布して肌に合うか確認してから使いましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket