保湿の必要性

女性アトピー肌の場合、水分保持ができず乾燥しやすくなっていること、バリア機能が低下しており外部からの異物や刺激の侵入を許しやすい状態になっていることが多いです。このような状態になるのは角質層にあるべきセラミドという主成分が少なくなっていることが理由としてあります。そのため、保湿をしてケアをすることが必要です。

ここで、アトピー肌に必要となる保湿は二種類あります。まず、肌の表面を保護して異物の侵入や肌の水分が蒸発することを防ぐことです。異物が侵入したり刺激を受けたりすることでかゆみは起こります。また、角質層にダメージを与えてしまうとバリア機能が低下して余計乾燥しやすくなり炎症が起こるという悪循環が起こるのです。そこで、まずは表面をしっかりと保湿することが求められます。

もう一つ必要な保湿が、肌の水分を保持する保湿です。アトピーの肌はとても乾燥しやすく水分量が低下してしまいます。そのため肌の水分を補うために保湿が必要になってきます。このとき必要な保湿剤として外気の水分を吸着したり、肌に入ってきた水分を抱え込んだりすることが求められます。自身の肌の吸水性を保持力を高める保湿ということです。

保湿をするというとただ化粧水をたくさん塗布すればよいと思われがちです。しかし、それだけではなくこういった症状を改善するための保湿剤を選んで使うことが重要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket