肌に良いことをする

女の子 アトピーを改善するためには保湿をすること、セラミドが配合されている化粧水を塗布するということが重要ですが、それだけではなかなか改善しないことも多いです。薬を塗って治療するわけではないので、やはり時間がかかってしまいます。そこで、少しでも肌の状態が良くなるよう、化粧水を塗布したりスキンケアを心がけたりすることと並行して肌に良いことをいろいろと取り入れていきましょう。

肌のセラミドは角質層がターンオーバーすることによっても生成します。そのため、化粧水で塗布してセラミドを補うだけでなく、セラミドが生成する環境を作ることも必要なのです。そこで、ターンオーバーが正常化するよう日々の生活習慣を改善するようにしましょう。

ターンオーバーを正常化するためには規則正しい生活やバランスの整った食事、ストレスといったものを改善することが求められます。すべてがすぐに改善できるものではないですが、少しずつできることから行っていきましょう。こういった習慣を改善することによってアトピーが治るのはもちろんですが、アトピーができにくい生活習慣を身につけられます。予防効果も高いので、少しずつ良くない習慣を取り除いていくよう心がけましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

保湿の成分

アトピーが出ているときというのはとても敏感になっており、ちょっとの刺激でもかゆみの原因や炎症の原因となってしまうことがあります。そのため、保湿剤を選ぶにあたってはまず少しでも刺激の少ないものを選ぶことが重要です。

粉刺激の少ないものとなれば多くの人がすぐに無添加と考えますが、無添加であれば何でもよいわけではありません。配合されている脂質の成分によっては角質層のバランスを崩してしまうものもあります。そのため、保湿剤を選ぶにあたっては配合されている成分や油分について考えて選びましょう

保湿剤に必要な成分として、セラミドはとても重要です。アトピー性皮膚炎になっている肌はセラミドが不足しています。そのため、セラミドを補うことで肌の水分を取り戻すことができます。そこで、セラミドの入っている保湿剤を選びたいのですが、人間の皮膚のセラミドと同様の構造である天然セラミドや人型セラミドが配合されているものが望ましいです。

ただ、セラミドは水に溶けにくいので、セラミドを化粧水に配合するためには界面活性剤が使われます。この界面活性剤はアトピーの症状によっては刺激となることもあるので必ず最初に少しだけ塗布して肌に合うか確認してから使いましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

保湿の必要性

女性アトピー肌の場合、水分保持ができず乾燥しやすくなっていること、バリア機能が低下しており外部からの異物や刺激の侵入を許しやすい状態になっていることが多いです。このような状態になるのは角質層にあるべきセラミドという主成分が少なくなっていることが理由としてあります。そのため、保湿をしてケアをすることが必要です。

ここで、アトピー肌に必要となる保湿は二種類あります。まず、肌の表面を保護して異物の侵入や肌の水分が蒸発することを防ぐことです。異物が侵入したり刺激を受けたりすることでかゆみは起こります。また、角質層にダメージを与えてしまうとバリア機能が低下して余計乾燥しやすくなり炎症が起こるという悪循環が起こるのです。そこで、まずは表面をしっかりと保湿することが求められます。

もう一つ必要な保湿が、肌の水分を保持する保湿です。アトピーの肌はとても乾燥しやすく水分量が低下してしまいます。そのため肌の水分を補うために保湿が必要になってきます。このとき必要な保湿剤として外気の水分を吸着したり、肌に入ってきた水分を抱え込んだりすることが求められます。自身の肌の吸水性を保持力を高める保湿ということです。

保湿をするというとただ化粧水をたくさん塗布すればよいと思われがちです。しかし、それだけではなくこういった症状を改善するための保湿剤を選んで使うことが重要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

スキンケアとアトピー

アトピー性皮膚炎というのはアレルギーの一種です。もともとアトピーという言葉はギリシャ語に由来しており「奇妙な」という意味を持っています。本人や家族に奇妙な湿疹が出るということで名づけられたと言われています。かゆみを伴う湿疹が出たり落ち着いたりするといった症状をアトピー性皮膚炎と名付け、今ではアトピーと呼ばれることが一般的です。

アトピーこのアトピーですが遺伝しやすく病気として発症するのは環境因子もかかわってくると言われています。アトピーができると肌に湿疹ができ、治ってもまた出てくるという状態を繰り返します。かゆみも伴うことが多く、かきむしってしまい血が出てしまい重症化することも多いです。

昔はアトピーというのは子供のころに悩むことが多く、大人になれば治ると考えられているものでした。しかし、最近では大人になっても断続的にアトピーが出て悩んでいるという人も増えています。ただ、原因は子供と大人で違うといわれており、子供のころは食べ物が原因、大人になると環境変化やストレス、ハウスダスト、といったものが原因となることが多いです。

アトピーは完治するものではないと言われています。そこで、アトピーになって治療することはもちろんですが、最近ではアトピーにならないために日ごろからスキンケアをしたり生活習慣に気を付けたりといった予防をとる子とも重要だと言われています。そこで、自分の症状の出る原因や予防方法というのを理解することが求められています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket