スキンケアとアトピー

アトピー性皮膚炎というのはアレルギーの一種です。もともとアトピーという言葉はギリシャ語に由来しており「奇妙な」という意味を持っています。本人や家族に奇妙な湿疹が出るということで名づけられたと言われています。かゆみを伴う湿疹が出たり落ち着いたりするといった症状をアトピー性皮膚炎と名付け、今ではアトピーと呼ばれることが一般的です。

アトピーこのアトピーですが遺伝しやすく病気として発症するのは環境因子もかかわってくると言われています。アトピーができると肌に湿疹ができ、治ってもまた出てくるという状態を繰り返します。かゆみも伴うことが多く、かきむしってしまい血が出てしまい重症化することも多いです。

昔はアトピーというのは子供のころに悩むことが多く、大人になれば治ると考えられているものでした。しかし、最近では大人になっても断続的にアトピーが出て悩んでいるという人も増えています。ただ、原因は子供と大人で違うといわれており、子供のころは食べ物が原因、大人になると環境変化やストレス、ハウスダスト、といったものが原因となることが多いです。

アトピーは完治するものではないと言われています。そこで、アトピーになって治療することはもちろんですが、最近ではアトピーにならないために日ごろからスキンケアをしたり生活習慣に気を付けたりといった予防をとる子とも重要だと言われています。そこで、自分の症状の出る原因や予防方法というのを理解することが求められています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket